おすすめのランニングマシンは、その人の目的・用途によって異なります。

ですから、一言に

「絶対的にこのマシンがオススメ!!」ということはできません。

 

目的別の選び方を順番に解説していきたいと思います。

ランニングマシンの選び方

ランニングマシンの選び方3つのポイント

 

様々な選び方があるのですが、最終的に最も適切かつシンプルなチョイス方法、以下3つの目的から、まずは候補を絞ることです。

  1. ウォーキングしたいのか
  2. 軽いジョギング~ランニングもしたいのか
  3. シリアスなマラソントレーニングをしたいのか

 

あなた自身がランニングマシンを購入しようとしている用途はどれでしょうか?

1つ選んで、まずは候補を絞りましょう。

ウォーキング

散歩からウォーキングの速度

ウォーキングしかしないというのであれば、ランニングマシン(ウォーキングマシン)の機能は最小限でOKです。

お値段も2万円前後とリーズナブルな製品が多いのも嬉しい点です。歩くだけなので、防音機能も強力な装備は不要です。

 

また、→高齢者の軽い散歩・運動に適したモデルも存在します。ある程度しっかりした作りで、手すりや緊急停止機能が装備されたモデルです。

高齢者向けは少し価格帯が高いのがネックですが、しっかりしたものを購入し安全に利用することが大切です。

→ウォーキング向けマシン

ジョグ~ランニング

ジョギングからランニングの速度

ウォーキングだけでなく、走りたい!という人にはワングレード上の製品を購入しましょう。

軽いジョギング(時速6km~時速8km程度=1km:10分~1km:7.5分ペース)であれば、防音・静音性もそこまで必要ありません。

ただ、さらに速いペース、目安として(時速8km~時速10km程度=1km:7.5分~1km:6分ペース)になると、ある程度しっかりとした防音機能が求められます。

→ランニング向けマシン

シリアスなマラソントレーニング

ランニング・マラソントレーニングの速度

目安として、時速10km以上=1km:6分より早いペースでトレーニングしようとしている人には、より本格的な「トレッドミル」を購入した方が良いです。

シリアスランナーにとって、キロ6分ペースはジョギングペースかもしれません。しかし、このペースより速いペースを一般のランニングマシンを用い走行するためには「静音性」がネックとなります。

つまり、いわゆるランニングマシンの防音機能の限界を迎えるのです。

ですから、家庭用ではあるものの(準業務用の)ジムにあるような「トレッドミル」を購入することをお勧めします。ベルト下のクッション性能が良く、防音・静音性に優れています。

→本格的ランニングマシン

ランニングマシンの基礎知識編

ランニングマシンを選ぶ上で最低限知っておいた方が良いことを列記しておきます。

以下項目をおさえておけば、失敗する確率も小さくなるでしょう。

  • ベルトサイズ
  • 速度
  • 静音機能
  • 連続使用時間
  • プログラム有無
  • 傾斜設定

ベルトサイズ

ベルト幅と長さ

ランニングマシンの走行面のベルトサイズを確認しましょう。(※ベルトサイズとは、走行面積の「ベルト長さ」と「幅」を指します)

特に重要なのはベルトの「長さ」です。幅方向ではなく、走る方向のベルト長さが重要!

速度UPしてジョギングする場合、ベルトが短すぎるとマシン先端に足が接触してしまします。ですから、走る/歩くといった用途に応じたマシン選びが必要なのです。

推奨されるベルトサイズの「長さ」は、以下の通りです。

【身長165cmの人の場合】

速度(km/h) 推奨ベルト長さ(下限値) 係数
散歩程度 2~4 71cm 0.37
ウォーキング 4~6 84cm 0.45
ジョギング~ランニング 6~10 109cm 0.60
ランニング 10~ 112cm 0.62

 

なお、推奨ベルト長さの計算式は

(身長×係数)+10

で求めることができます。

例):身長165cmでウォーキング目的であれば、推奨ベルト長さ(下限値)は、(165×0.45)+10=84cmです。

 

一度、ご自身の身長を当てはめ、必要なベルト長さを計算してみることをお勧めします。

速度

マシンのモーター性能により、走行速度が定められています。

一般的に、高額なランニングマシンの方が強力なモーターを搭載しており、走行スピードの最大値も大きい傾向にあります。

 

また、走行スピードの最大値が大きいほど、上述したベルトサイズ(長さ&幅)も大きいスペックが搭載されている傾向にあります。

ウォーキング程度であれば、時速6kmのスピードを出せるマシンであれば十分事足りるでしょう。

もし本格的なトレーニングであれば、時速10km以上(キロ6分ペース)のスピードを出せる製品を検討しましょう。

静音機能

ランニングマシンの静音・防音機能

静音機能も非常に重要。特にアパートやマンションなどの集合住宅の場合は気を遣う必要があります。

ベルト下の「ラバークッション」や「衝撃吸収システム」の機構が搭載されているか確認しましょう。

複数のランニングマシンを使ってきた身としては、

  • 価格帯の高い製品
  • 有名メーカーの製品

これらは静音性に優れている傾向が強いです。(価格が高い→静音性も高いは当たり前ですが)

 

同じ価格帯でも、やはり有名メーカーの製品は技術力に優れ、静音性も高い傾向にあります。ランニングマシンの有名メーカーとしては

  • アルインコ
  • ジョンソン
  • リーボック

これらのメーカーは信頼性が高く、静音・防音面の技術力も目を見張るものがありますね。

連続使用時間

ランニングマシンの連続使用時間

モーター性能により連続使用時間も定められています。使用時間が短い製品で30分、長い製品であれば約1.5時間連続使用可能です。

※中国製のランニングマシンは、明らかに低スペックにも関わらず【連続使用時間99分!】などど表記されているモデルも存在するので注意!

 

有酸素運動やフィットネス目的であれば、連続60分程度使用できる製品が良いかと思います。

なぜなら、トレーニング序盤はあまり脂肪燃焼効果が大きくなく、開始から20~30分後から徐々に脂肪燃焼効果が大きくなるから。

プログラム(トレーニング機能)の有無

トレーニング機能・プログラム

プログラムとはトレーニングメニュー機能のことで、傾斜角度やスピードが時間の経過とともに変化します。

ランニングマシンを長く続けていきたいのであれば、プログラムの種類が豊富なマシンを選びましょう!

 

「同じ景色の中でウォーキング、ジョギングを続けること」は、思っている以上に退屈なものです。

少しでも変化を感じさせるため、トレーニングメニューが豊富なランニングマシンを選ぶと飽き辛く、長続きしやすいです。

傾斜設定

走行時の「傾き調整」も見逃せない機能の1つです。

実はランニングマシンは、勝手にベルトが動いてくれる為、外の地面を走るよりも負荷が低いのです。(蹴り出す力が小さくて良いので)

 

屋外でのランニングと同程度の負荷を得るためには、上り傾斜を2~3%程度に設定することが望ましいです。

 

傾斜の調整方法は2通りあり

  • 手動
  • 電動

電動タイプが望ましいですが、価格帯が高額なのがネックです。

トレーニングプログラムに傾斜設定も組み込まれているので、起伏のある坂道をランニングするようなトレーニング効果を味わえます。

使用目的機能別のおすすめランニングマシン

以下にまとめており、個別ページでオススメのランニングマシンを確認することが可能です。

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

01_傾斜設定が可能なランニングマシン

02_高齢者・リハビリ向き(手すり/安全装置/緊急停止)のランニングマシン

03_ウォーキングに適したランニングマシン

04_ジョギング目的やダイエットに適したランニングマシン

05_折りたたみ・コンパクト収納が可能なランニングマシン

06_静音性(防音機能)に優れるランニングマシン【賃貸・騒音対策】

07_マラソントレーニング向き、最高速度が速いランニングマシン

08_連続使用時間が長いランニングマシン

【準備中】09_人気メーカーのランニングマシン

【準備中】10_トレーニングメニュー付きのランニングマシン

【準備中】11_業務用ランニングマシン

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【3つのニーズ別選び方の表からリンクさせる。】

とはいえ、どうしても選べないのであればスペック別に1つずつオススメ商品を紹介するので、参考になさってください。

おすすめマシン(エントリーモデル)

EXJ2115

EXJ2115の特徴3選

  • ダイエットに効果的なジョギングが可能
  • クッションラバーで足や腰の負担を軽減
  • 傾斜調節で短時間でも効率よく運動が可能

 

ALINCO(アルインコ) EXJ2115は最近運動不足が気になっている人やダイエットのために運動をしたい人、健康維持のために自宅でウォーキングしたい人におすすめのランニングマシンです。

組立をしないで使えるタイプとなっていて、商品が届いたらすぐに使うことができます。

折りたたみ可能でキャスター付きなのでお部屋の好きな場所で使うことができて収納場所にも困りません。

初めての人も安心の音声ガイド付きのマシンとなっています。

2種類のトレーニングプログラムがあり目的に合わせて選ぶ事ができます。ウォーキングやジョギングに最適なスピード設定が可能です。

 

  • ALINCO(アルインコ) AFR1016
  • メーカー:ALINCO
  • ベルトサイズ:1100mm×345mm
  • スピード設定範囲:1.0km/h~10.0km/h
  • 静音性と衝撃吸収機能:クッションラバー搭載
  • 折りたたみ:可
  • 傾斜設定:可
  • 心拍数計測:可
  • プログラム機能有無:2種類
  • アマゾン評価:4.0点(33件中)
  • 連続使用時間:30分

特徴を一言で言うなら・・・

30分の連続使用ができダイエットに最適なランニングマシン

EXJ2115の詳細記事を確認する

おすすめマシン(スタンダードモデル)

AFW1011

AFW1011の特徴3選

  • 初級者向け、上級者向けと豊富なコースがある
  • スピーカー内臓で音楽が楽しめる
  • 時速16km設定ができる本格ランニングマシンでしっかり走れる

 

ALINCO(アルインコ)AFW1011は、左右についているボタン1つでスピード調整やスイッチのオンオフができるのでしっかり走りたい人にぴったりです。

スピードが出ていると前のパネルでの操作が行いにくいですが、両サイドのボタンなら走っている途中でも操作しやすいです。

時速16kmまでスピードアップできるのでしっかり走りたい人に最適なランニングマシンです。

表示モニターにはバックライトが搭載されていますので、暗い場所でも表示が見やすくなっています。

モニターには5項目が一度に表示されるので分かりやすいです。

心拍数はハンドルを握るだけで測定でき、運動強度の目安になります。

 

  • メーカー:ALINCO
  • ベルトサイズ:1200mm×40mm
  • スピード設定範囲:1.0km/h~16.0km/h
  • 静音性と衝撃吸収機能:衝撃吸収ラバークッション付き
  • 折りたたみ:可
  • 傾斜設定:可
  • 心拍数計測:可
  • プログラム機能有無:6種類
  • アマゾン評価:3.6点(54件中)
  • 連続使用時間:60分

特徴を一言で言うなら・・・

連続使用60分、時速16km設定できてしっかり走り込める

AFW1011の詳細記事を確認する

おすすめマシン(上級モデル)

BARWING MAX20km/h(型番:BW-SRM20)

BARWING(バーウィング) ルームランナーMAX20kmhの特徴3選

  • 本格的なランニングが可能
  • 衝撃吸収システムで安心
  • 大きなモニターで見やすい

 

外でランニングするとなると天候が悪い場合は走ることができません。

毎日走ることを日課にしている人はできれば自宅の中でも走ることができたら良いなと思うのではないでしょうか。

ランニングマシンの中でも非常に速い速度で動かすことができるBARWING(バーウィング) ルームランナーMAX20kmhは本格的に走りたい人におすすめです。

プログラムは自分流にカスタムすることができます。傾斜角度や速度を自由に組み合わせてオリジナルプログラムで走ることができます。

走行ベルトは幅が広くなっているのでしっかり走っても安全です。

ワンタッチで角度調整や速度設定ができるのでスムーズに走れます。

 

  • メーカー:BARWING
  • ベルトサイズ:1400mm×510mm
  • スピード設定範囲:0.8km/h~20.0km/h
  • 静音性と衝撃吸収機能:セパレート衝撃吸収システムで超静音を実現
  • 折りたたみ:可
  • 傾斜設定:可
  • 心拍数計測:可
  • プログラム機能有無:3種類+カスタムプログラム
  • アマゾン評価:4.2点(18件中)
  • 連続使用時間:99分

特徴を一言で言うなら・・・

しっかり走ってストレス発散、達成感が得られるランニングマシン

BARWING MAX20km/hの詳細記事を確認する